スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぜまかせさま

コメントありがとうございます。
この曲が世代を超えて愛されていることを、皆さんから頂いたWeb拍手の数が物語っていると感じております。対訳のみならず、記事にも力を入れた記憶がありますので、お楽しみ頂けたなら幸いです。

記事URL:http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/blog-entry-55.html
スポンサーサイト

JUNさま

コメントありがとうございます。
マイケルの訃報を知り、おっとり刀で書いた記事ゆえ、主観ばかりの駄文となっておりますが、楽しんでいただけたとのことで、私も嬉しく思っております。またお越しくださいませ。

記事URL:http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/blog-entry-628.html

KONさま

コメントありがとうございます。
一度、1980年代末期から1990年代にかけて一世を風靡したニュー・ジャック・スウィングを取り上げなければいけないなぁと思っていたところ、過去にリクエストを頂いていたことを思い出してひとまず対訳をやってみた次第です。
時間ができれば、記事の方も書いていきたいと思っています。
マイケルの件は、私ももっと真剣に接していればよかったと今になって後悔している次第です。

記事URL;http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/blog-entry-630.html

Sugarさま

コメントありがとうございます。当サイトへリンクを張って頂きましたことと合わせて御礼申し上げます。
グレン・キャンベルはいくつもの名曲を歌って現在に至っている人ですが、その中でもベストと呼べる一品がこの作品ではないかと思っています。究極の孤独と言えばデヴィッド・ボウイの「スペース・オデティ」がまず思い浮かびますが、この曲の主人公もそれに匹敵する世界があるのではないでしょうか。

記事URL:http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/blog-entry-609.html

鬼苺さま

コメントありがとうございます。
この曲はビリー・ジョエルのファンの方には外せない名曲として語られることの多いものなのですが、Kings Singersをキーワードにこちらへお越し頂いたと伺い、なるほどなぁ、こういうアプローチもあるんだ!と思った次第です。

記事URL:http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/blog-entry-515.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。